kintoneの開発者ツールまとめ

Featured Image(Photo) by Sai Kiran Anagani on Unsplash

はじめに

kintoneをカスタマイズするにあたってdeveloper networkなどを参考にしましたが、GitHubにしかないツールがあったりして、正直どれを使えばよいのか迷いました。今後開発を始める人が迷わないように勝手にまとめました。

推測で書いている部分も多いので間違っているところがあればご指摘ください。

開発環境

サクッと書きたい人はJSEdit for kintone、じっくり書きたい人はVisual Studio Codeがオススメです。

kintoneはカスタマイズの適用が面倒なのですがこちらの記事も参考になりました。
Visual Studio Code Live Server Extensionを使ってkintoneカスタマイズ開発効率をあげよう!

他にもcustomize uploaderというツールもあります。
customize-uploaderでカスタマイズ用のJS/CSSファイルをコマンドラインからアップロードしよう!

REST API系

JavaScript/Node.jsライブラリ

kintoneのカスタマイズ言語がJavaScriptだからか更新頻度高いです。
kintone Utility Library for JavaScript、kintone API SDK(β) for Node.js、kintone JS SDKは非推奨です。rest-api-clientを使いましょう。

Javaライブラリ

その他言語のライブラリ

go kintoneは他のライブラリと扱いが違いそうです。命名規則も違いますしdeveloper networkにも記事がありません。(たぶん)

その他言語の非公式ライブラリ

サイボウズ外の有志の開発者により作成されたライブラリです。あまり更新されていないのでプルリク投げると喜ばれそうです。

見た目

vue-kintone-componentはREADMEも記事もないので、まだ試していません。特別な理由がない限りはkintone UI Componentが良さそうです。

プラグイン

プラグイン開発者には必須です。

いろいろリンク貼りましたがこちらにまとめられています。
プラグイン開発支援ツール群の案内

フォーム情報を取得するツールもあります。プラグイン開発で利用する機会が多いです。

インポート/エクスポート

簡単なコマンドでアプリのレコードをエクスポート、インポートできるツールです。タスクスケジューラーを使って定期的にバックアップもできます。素晴らしい!

その他

サイボウズさん推奨のESLintルールです。愛用してます。

以降のツールは使えてないので使って一言ぐらいはコメント添えられるようにします。(たぶん)

この記事を書いた人