Exif読取 プラグイン Ver4

はじめに

添付ファイルフィールドに登録された画像のExif情報を別のフィールドに登録できるプラグインです。登録できるExif情報は緯度、経度、撮影日時です。

PCビューとモバイルビューのレコード詳細画面で動作します。
言語は日、英、中に対応しています。

動作の紹介

Exif情報が含まれる画像を添付してレコードを保存します。詳細画面で「Exif読取」ボタンをクリックするとExif情報を指定した別のフィールドに登録します。

プラグイン設定

以下のフィールドの指定は必須です。

  • 画像の添付ファイルフィールド
  • 読取ボタンを表示するスペースフィールド

以下のフィールドの指定は任意です。必要なものだけを指定してください。

  • 緯度を設定するフィールド
  • 経度を設定するフィールド
  • 撮影時間を設定するフィールド

注意事項

画像が添付されていない場合は「Exif読取」ボタンは表示しません。

制限事項

  • Exif情報を読み取る画像ファイルは1つです。
  • Exif情報の撮影時間は日本時間のみに対応しています。
  • 緯度、経度を設定できるフィールドタイプは文字列1行と数値です。
  • 撮影日時を設定できるフィールドタイプは日時です。
  • テーブルのフィールドは利用できません。

プラグインのダウンロード

こちらのホームページで販売しています。30日間のお試し期間があります。

更新情報

  • 2020/5/27 v4
    ゲストスペース内アプリに対応
  • 2020/5/13 v3
    ボタンの表示スタイルを変更
  • 2020/4/29 v2
    アイコンやURLなどを修正
  • 2020/2/22 v1