素早く手書き プラグイン Ver4

はじめに

ブラウザ(kintoneの画面)上で写真の撮影、写真に手書きできるプラグインです。カメラアプリを開いたり、添付する操作が不要なので、素早く写真を撮影してそのまま手書きできます。(手書きせずにそのまま保存もできます)

レコード詳細画面で動作します。
PC画面、モバイル画面の両方に対応しています。
言語は日、英、中に対応しています。

動作の紹介

1つのアプリにつき複数の添付ファイルフィールドに保存できます。ここでは3つを有効にした状態での動作例を紹介します。

プラグインの設定例

「編集前」には手書きしない場合に保存するフィールドを指定します。「編集後」には手書きする場合に保存するフィールドを指定します。

  • No1の設定の場合
    編集前、編集後の両方を指定しているので、カメラを起動するとそのまま保存するか、編集して保存するかを選択できます。
  • No2の設定の場合
    編集前のみを指定しているので、撮影して保存できます。(編集はできません)
  • No3の設定の場合
    編集後のみを指定しているので、撮影して編集した後に保存できます。(必ず編集画面に移動する必要があります)

注意事項

写真の品質はカメラの性能に依存します。実際に利用する端末でお試しをお願いします。

制限事項

  • iOS、Androidのkintoneモバイルアプリでは利用できません。
    2019年12月時点でカメラの起動が制限されています。
  • iOSのGoogle Chromeブラウザでは利用できません。
    2019年12月時点でカメラの起動が制限されています。
  • テーブルの添付フィールドには添付できません。

プラグインのダウンロード

こちらのホームページで販売しています。30日間のお試し期間があります。

その他

撮影した写真の品質は中程度にしています。高品質にしたい、低品質にしたい(容量を下げたい)という要望があれば本記事にコメントをいただくか、販売ページからお問い合わせください。

更新情報

  • 2020/2/29 v4 リリース
    テーブルのフィールドを選択できないように修正
  • 2019/12/20 v3 リリース
    軽微な不具合を修正
  • 2019/11/30 v2 リリース
    手書きで選択したペンの色を記憶
  • 2019/10/21 v1 リリース